グーグルアナリティクス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG 1/100 Vガンダム Ver.Ka その7(素組み完成)

皆様、おはようございます!!\(^o^)/素組み完成しました!!!

素組み完成1



さてさて、ようやく素組みが完成しました!!!\(^o^)/おめでとー!でも、まだゴールじゃないけどうれしいです!すごい達成感(/_;)


素組みの最後に、腕に装着するサーベルとファンネルの製作時で思ったことを書こうと思います。

これが片腕に装着するサーベルなのですが、スライドさせるとサーベルがぴょこんと飛び出す仕組みになる予定なのですが・・・スライドさせても出てきません。
サーベル入れ1

こちらの写真が↓サーベルが出た時です。ピンセットでぴょこんと出してやりました。他の方のブログを拝見したら、スライドさせた時にサーベルが出るようにプラ版で細工をしている方がいました。ここらへんは少しVガンダム惜しいなぁと感じました。
サーベル入れ2


次にファンネルの製作工程です↓部品が細かいです(+_+)そして多い・・同じ作業、同じ部品が多数なので組んでいる時は飽きてきました。
ファンネル1

ファンネル2

途中まで組み、すぐに分解できるか試しましたが、白い部分の可動部が固く、分解時が大変そうなので組むのはやめました(+_+)ファンネルだけは組まずに素組み完成としました^^
ファンネル3

これから、塗装準備でエアブラシ等を購入して塗装を考えています(+_+)金がすごくかかるでしょうが。。これはまさに大人の遊びですね(笑)

スポンサーサイト

MG 1/100 Vガンダム Ver.Ka その6(素組み)

皆様おはようございます^^ノ

前回に続き、VガンダムVer.ka・・・脚の作製・腰・背中のブースターを投稿していきます^^


脚の部分からですが、脚の部分が一番時間がかかった気がします。
脚の一部分
こちらは、足の一部分にサイコフレームを付けている所です。
銀色シールも貼ってます。貼る部分が結構あるので、さすがにもうシールを貼るのに慣れてきました(笑)


さて、製作する側で注意点ですが、下にある写真の脚部品を付けてしまうと正直分解しにくいです^^;私はもう一度分解して塗装する予定ですので、試してみました。分解する時に、折ったりしないようにゆっくりゆっくり、部品をくねくねねじりながら取れば大丈夫でした^^;

脚の注意点


形が出来上がってきました。発動モード時にはこのサイコフレームが顔を出すみたいです。
asi サイコフレーム


脚の外装パーツも取り付けていきます。全体で見るとテンションあがってきました!ゴールまであともう少しだ^^
体全身


脚の白い外装パーツを取り付ける注意点があります。この赤丸で囲った部品にも取り付け方向がありますので注意してください。私は間違えて取り付けていましたので、次に取り付けるパーツが入らず時間をロスしてしまいました^^;このような形で取り付けてくださいね。
白い装甲 


太腿の紺色パーツつけるとシュッと引き締まりました!\(^o^)/
太腿の脚


脚の部分が完成しました!^^
asi kannsei


次は腰の作製に入ります!

外装パーツは白と紺色かと思っていましたが、白っぽいグレー色の部品もありました。情報量が増えて、良い感じです^^こちらの写真を見ていただければ分かるかと思います。↓
腰の白とグレー

全体 腰部分


細かい腰部分の作製です↓
腰の細部分


次に、背中のブースターを作製していきます。黄色のバーニアがアクセントになって良いです。
bu-suto

背中のブースター作製時に注意点があります。下の写真の赤丸で示している、ブースターのカバーですが、とにかく外れやすいので部品の紛失等には注意してくださいね^^;
ブースター 注意点


最後は腰の横に付けるパーツを作製して終了です(>_<)vそれにしても横のパーツは少し小さいです。
yoko


皆様、今回は長文失礼しました。注意点等がありましたので少しでも参考になればと思い、まとめて書いてみました。最後まで読んでいただいた方々に感謝したいと思います。ありがとうございました。

MG 1/100 Vガンダム Ver.Ka その5(素組み)

どうも!touconnです(@_@)

さて、今回は脚の部分を製作していこうと思います。

まずは足の甲からです。
足の甲
足の甲に可動式の爪がついています・・・このVガンダムかなりの進化をしているようです(>_<)


足の甲 サイコフレーム
足の甲にもサイコフレームを取り付ける所があります。サイコフレームの裏には付属の銀色のシールを貼っています。説明書通りに。


足の裏
足の裏には細かく色分けしたパーツを組み合わせ、情報量が豊富なバーニア?になりました。黄色がアクセントになって良いですね^^


お次は脚の部分を作ります。
脚 シリンダー
↑ここ!腕のシリンダー部と同様、足のシリンダー部にもラピーテープを貼りたいと思いました(>_<)

3段階
こちらが脚の後ろ側にあるバーニアです。こちらも凝ってます(>_<)なるべくリアルに仕上げたい私にとってはありがたいキットです。


ちゃくちゃくと
ちゃくちゃくと出来上がってきました。まだまだ旬があるうちにキットを完成させたいと思います。
月刊モデルグラフィックス3月号にもVガンダムVer.Kaの特集記事が掲載されています。、とにかく3月中に仕上げたいな^^;

最後まで読んでいただいた方々、誠にありがとうございましたm(__)m






MG 1/100 Vガンダム Ver.Ka その4(素組み)

皆様、おはこんにちわ!touconnです^^

前回の素組み工程から3日たちました^^;今回は両腕、アーマー、手が完成しました!

それでは両腕からの続きを!
両腕2

デザインナイフや紙やすりで削っているとはいえ、ゲート跡など目立っている所がありました^^;
素組みが終われば、またバラして調整した後に塗装に挑戦していきます。

一体製作するのにすごい時間かかってますw


こちらが裏側の腕、素組み写真です。可動部にゲート跡(白化)が目立ってしまいました^^;
両腕3


腕の片方に付ける、ビームサーベル入れです。特に問題なく淡々と製作できました。
剣入れ



手の製作に入ろうとしましたが!・・・今までプラモデルを作ってきてこんなハイテクな手は初めてでした!手の稼働部位がすごく多いのです!いろんなポーズをとることも可能になってます!このVガンダムVer.Kaを購入して正解でした^^手の写真がこれしかないのは申し訳ないです^^;ゲートから切り出す時に間違えて違う所を切り落とさないように注意が必要です(+_+)しっかり説明書を読んで切りました。
te




こちらはアーマーのブーストです。しっかり細かい部分も出来ているのが凄いと感動しっぱなしです。
肩の部分はすぐに組み立て完了しました^^
bu-suto


で!今回はここまで出来ました↓(頭部は付けていませんが・・・)こうやって見ると胸部の黄色のダクトがダサいなぁと少し感じました。ここだけ何かコンパクトに改造してみたいですね。今回の作製は素組み・しっかりした塗装が目標なので、改造は出来そうなら行っていきたいと思います!あと、塗装に関してエアブラシ等道具はまだ購入していません(/_;)しっかり考えてどのエアブラシを購入するか決めていこうと思います。
上部完成

最後まで読んでいただきありがとうございました。

MG 1/100 Vガンダム Ver.Ka その3(素組み)

皆様。こんにちわ!寒さがまだまだ続きますね^^風邪など引かないようにしてくださいね(+_+)

さて、前回はVガンダム Ver.kaの胴体を素組みしました。

今回は、頭と両腕を作っていきたいと思います。

頭の部分は、すぐに出来上がりました!写真を撮るのを忘れました^^;頭部分での注意したことや気付いたことは目のフレームアイにシールを貼りました。シールは目の部分はグリーン系色、目の周りは黒色でした。今回のキットはLEDライトを内蔵出来、目が光りますので、目のグリーン部分はデザインナイフで切りとり、目が光るようにしました。目の周りの黒い部分にして、パーツに貼りました^^;意外と切り取るのが難しく、あまりきれいに取れませんでした(汗)

頭


そして、こちらが両腕部分の作成工程写真です↓真ん中の腕、シリンダー部分はしっかりリアルに色分けしたいところです。
両腕




上部のパーツを更に組み合わせると下の写真になります。曲げた時に、シリンダーが見えます!最近のガンプラはこっていますね!感動しました!人によるとこの駆動部分のシリンダーに銀色のラピーテープを貼って金属色にしている人を見ました。すごいアイディアだと思いました。
両腕 シリンダー


腕部分にもサイコフレームがあり、今度こそ裏表反対に貼らないように、注意して貼りました^^
腕 フレーム


そして、説明書通りに組み立てていきます。私は、素組みする時にパーツの2度切り。・さらにデザインナイフで凹凸を切り・600番のやすりでかけています。これで、ゲート跡がまったく見えなくなるか少し残ってしまう程度までになりました^^キット自身も、後が残らないように設計生産されているのでしょうかね。
IMG_0324.jpg



下の写真で、横に紙やすりがあるのですが、消しゴムに巻きつけて、画鋲で固定して使用しています。
画鋲で固定するものだから消しゴムが割れてきた(/_;)
IMG_0327.jpg



今回はここまでにしておきます^^;最後まで見てくださった方、ありがとうございます。
至らない所がありましたら、ぜひアドバイスいただけると幸いです。




MG 1/100 Vガンダム Ver.Ka その2(素組み)

さて、前回のMG 1/100 VガンダムVer.Kaの続きですが、素組みを行っていきました^^

いざ準備万端!!

まずは、説明書通りにの手順で胸部から製作していきます。

いきなり胸部のサイコフレーム部品の銀シール貼りで表に貼ろうとして失敗しそうになりました^^;
しっかり説明書を読んでたらわかりますね(汗)

説明書

サイコフレームのパーツにも表裏があるので、シールを貼る際はご注意を!^^

IMG_0299.jpg


また、銀シールを貼る時にデザインナイフでカリカリと傷をつけないよう剥がすとスムーズに剥がせます^^
私は初め、小さなシールを鶴首ピンセットでとろうとしましたが、シールについてる黄色の剥離紙ごと取れてしまい、黄色剥離紙をはがすのに苦労しました^^;行きついた先がデザインナイフでシールをとると作業が早いということに今さら気づきました^^;
ベテランさんなら、どうやって剥がしてるんだろう?爪楊枝かな?

デザインナイフ

色々、本を読んでみたり、動画を見たりするとランナーからパーツを切り離し方とかも、2回に分けて切り離すと良いみたいです。(写真を貼りたかったのですが、撮りわすれた)

最初は、パーツとランナーが少しひっついてるぐらいで切り離し、そこから更にニッパーで丁寧に切り離すとパーツにゲートの後が残りにくかったです!
そして、何よりもタミヤの薄刃ニッパーを使用したのですが、切れ味が素晴らしい!これは買っておいて損はない
と思いました\(^^)/ニッパーで切った後、まだゲートが残っているのであればデザインナイフで削って、600番の紙やすりで整えました!

小学生の頃は家庭によくある工具箱のニッパーで切っていたのですが、切れ味が悪く、ゲートがすごく残っていたのを覚えています。


IMG_0293.jpg

サイコフレームの部分裏に銀シールを貼っています。貼っているのと貼っていないのでは輝きが違います^^

IMG_0302.jpg

素組み「胸部」完成しました!!\(^o^)/  さて!次回は頭やら腕やらをなるべく迅速丁寧に行っていきたいと思います。

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございます。またよろしくお願いいたしますm(__)mぺこり。








MG 1/100 Vガンダム Ver.Ka

2013年 1月15日。明けましておめでとうございます。遅いですが(笑)。

touconnと申します。ある日、広告に載っているvガンダムVer.Kaというプラモデルを見て、

無性にプラモデルを作りたくなってしまいました!

小学生の頃はプラモデルをよく作っていましたが、きちんと塗装してリアルに作れたためしがない!

リアルに作りたい!という思いでいっぱいです。

ただ作るだけではもったいないということで上達していく過程をブログに載せて、皆様に参考になるところは出来るだけ載せていけたらなと思っています^^

皆様からアドバイスなどがあればコメント頂けたりすると励みになります^^これからよろしくお願いします!



さて、記念すべき第一作目はMG 1/100 Vガンダム Ver.Kaを製作していきたいと思います。

vガンダム



去年の12月に出たそうなので新作ですね。

とりあえず、amazonで購入^^また、とにかく素組みまでに必要な最低限の工具などを一から買い始めました(*^。^*)紙やすり、薄刃ニッパー、デザインナイフ、鶴首ピンセット、カッターマット。以上です!

まず開封。。。。パーツが多すぎてびっくりです。。。小学生以来のプラモ製作・・・大丈夫か!?

パーツが多いな
完成作品 製作記事

製作動画  ここをクリック↑
MG MSN-04 サザビーVer.Ka
MG RX-93 vガンダム Ver.Ka
Ma.K.ルナガンス
Ma.K.グローサーフント
ジオラマ ひび割れた大地 製作法
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QR
プロフィール

プラモデル初心者が上手に製作出来ることを目指すブログです。      相互リンク大歓迎です\(^o^)

touconn

Author:touconn
FC2ブログへようこそ!

ブログ更新チェック!

リンク
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。